昨日は八千代中学校中間対策学習会

八千代中学校の生徒が学習会に参加しました。

 

マコト学園塾長の石黒です。

 

一方で、八千代台西中の1年生もたくさん自習に来て、学校のワークの質問をしに来ました。

八千代市内の中学校は、定期テストの度に問題集専属のノートをテスト後に提出で、入塾前までは『解答の丸写し』だったのが、いまや『わからない問題は質問して理解しようと頑張る』ようになり、昨日は質問対応に追われる一日でした。

『提出の為にごまかす』のを『自分の力をつける為に頑張る』に変わった姿は、将来にとても役に立つ習慣です。

閉塾後の22時にスタッフ全員がグッタリと倒れこみましたが、『生徒が自ら頑張るのは嬉しい疲れだね。前に勤めていた塾では無かった経験だ!』と、嬉しい疲れとともに、一日が終わりました。

生徒のみんなに自立力がついた事に感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です