防災知識

台風による災害の対策です。

 

マコト学園塾長の石黒です。

 

今回、九州を襲った台風9号・10号。去年、千葉県を襲った台風15号・19号。

地震災害と違い、台風災害は予報で対策が出来ます。

今回も九州では、ペットボトルが品切れになる事態になり、5日からは配送関係も止まりました。

水の確保ですが、日本の水道水は汲み置きから3日は飲めます。洗浄した空きペットボトルや100均の麦茶容器などに入れておき、備えるのも一つの手段です。

また、停電になった際、冷蔵庫は頻繁に開けず、使うものを素早く出すことで長ければ2日くらいは冷蔵状態を維持できます。その為に、平時に内容物の把握は大切な事です。

予報される災害での被害をほぼ0にする活動は、それほど難度の高いものではありません。

台風被害や猛暑被害に関して、しっかりと事前準備を行っていきましょう。

マコト学園は日頃から災害対策を行っています。

必要な時には防災講習も行います。(石黒が防災士なので講習会を開くことができます)

ご相談はいつでも承ります。(塾じゃないのか…?(笑))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です