自習室学習・家庭学習

今日は自習室学習についてです。

 

マコト学園塾長の石黒です。

 

まず、マコト学園に自習室を造ろうと考えた理由が、八千代台駅前には自習が出来るスペースが、『エルムの水族館前』『エルムのサイゼリヤ』『東口ドトール』ぐらいしかないという状況で、地元の高齢者から「ある期間(高校生の定期テスト前)になると、サイゼリヤやドトールで友人と会って話したいのに、高校生が殆どの席を占領して入れない」「エルム1階で休憩出来ない」などの話を相談され、『自習場所が無いから自習場所でない所を使う。ならば、石黒が造ろう!』という事がキッカケです。

実際、今の通塾生(本来24席ですが、今は12席が稼働)もかなり使ってくれていて、もともとサイゼリヤやエルムの水族館前でやっていた子達をマコト学園の自習室で自習してもらえるようになりました。

そして、肝心な自習室の活用法ですが。

・家庭学習とは違い、質問できる環境である。

・他の子のやっている姿を見て、自分も頑張ろうと思える。

・演習問題や類題・解説をコピーしてもらえる。

という違いがあります。

マコト学園は自習室だけの通塾もありますので、テスト前だけでも使いたい!という生徒さんが居りましたらご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です