明日はVもぎ

会場(私立高校や大学や専門学校)で受けられないので、教室受験です。

 

マコト学園塾長の石黒です。

 

いつもの塾だから、知らない会場の雰囲気での模試や、志望校の校舎ではないので入試とも違いますが、一人ではない空間で、「決められた時間内に問題を解く」練習になります。

学校での定期テストとは違い、授業中にやった事だけから出るわけではない模試(入試)。特に英語や国語は、本文が初見になります。

模試で大切なことは『①時間配分』『②確実に読んでもらえる字を書く』『③必要な点数を取る』です。

①は定期テストでも同じですが、試験会場の緊張に飲まれない事や、初見の文を読み込まない事が大切。

②は良くある「aとo」「bとh」などの似たアルファベット、「6と0」「3と8」など、急いで書くとどちらとも読める字は✕になります。

③は苦手な問題や忘れてしまった事は思い切って飛ばす判断力が大切。100点が偉いのではなく、必要な合計点数を取れる人が合格します。

模擬試験、しっかりと受けて、試験慣れと作戦をしっかりと立てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です